手のひら

危険じゃないアフターピル

世界的に見ても学生で若い子の妊娠や中絶が増えているみたいです。
海外ではこのようなことで子どもへの負担減らすためにもしっかりと性教育に力を入れているみたい。
早い国では小学1年生から性教育について学ぶんだとか!

アフターピルを調べていて疑問に思ったのがなぜ日本で市販薬にされていないのかということ。
海外では市販薬として売られているのにもしかして危険なお薬なのかと思っていたけど、ネットで調べてみたらそうでもないみたいでした。
使用者や愛用者もけっこういるみたいだし、海外旅行では欠かせないなんて書き込みを見て驚きました。
では世界で愛用されていて世界保健機関(WHO)も推進しているのにも関わらず日本では販売がされていないのでしょうか?

日本では販売禁止?!アフターピル

女性日本には薬事法という法律があり体への影響などを配慮してお薬に含まれる成分量の基準がありますが、超えてしまうと医師の処方なしで店頭販売をしてはいけないそうです。

でも海外の女性たちは服用しています。ではいったいアフターピルを服用したらどんな影響があるのかというと
例えば、持病などでお薬を毎日服用している方には持病で服用しているお薬の効果が利かなくなってしまう、もしくは併用することによって持病が悪化してしまう可能性があるために医師の処方なしでは店頭販売が禁止されているというわけです。

ですが、元々アフターピルは海外製品なために通販の場合は日本の仲介業者を通して購入するために、自己責任で服用するということであれば購入が許可されているようです。

海外では圧倒的に人気のアフターピルが「アイピル」というもので日本でもジェネリック医薬品として取り扱いがされているそうなので安心出来ます。
日本の口コミを見てみたところ副作用が少ないみたいで私はアイピル買ってみようかなと思っています。
使うかは別としてアフターピルを持っているだけでもいざという時に助けになると思うので常備しようと思っています。